永久脱毛は医療機関での電気針脱毛かレーザー脱毛で

自己処理は肌を傷める

ムダ毛に悩む人は、子供の頃から自己処理を繰り返しているものです。子供だからなんの知識もありません。現在はインターネトが普及して、自己処理の弊害も広く知られるようになっていますけど、それ以前は知るすべもなかったですしね。毛は毎日伸びてきますから、自己処理は毎日必要です。毎日カミソリで剃っていると、皮膚の角質がそがれて色素沈着してしまうようです。それがわかっていたら、やる人は激減していたんでしょうが。

永久脱毛は医療機関で

永久脱毛すれば、日々の自己処理がいらなくなって、肌を傷めずに済みます。でも、レーザー脱毛にしても電気針脱毛にしても、肌を傷める可能性はあります。この点からだけでも、永久脱毛は医療機関でおこなうのが鉄則です。それに、永久脱毛できるような装置は医療機関でしか扱えないことになっています。医療機関以外でやっても永久脱毛はできないのです。肌にもレーザーは当たりますから、軽いやけど状態になることもあります。医師がいるところで施術を受けるべきです。

電気針脱毛のメリット

電気針脱毛とは、レーザー脱毛が普及する前におこなわれていた永久脱毛の方法です。電気針を毛穴のひとつひとつに刺して毛根を破壊するというものです。色黒の人がレーザー脱毛をすると、レーザー照射した肌全体が発熱してダメージを受けてしまいますが、電気針脱毛ならその心配はありません。レーザー脱毛では成長期の毛の毛根しか処理できませんが、電気針脱毛なら退行期の毛の毛根も破壊できるというメリットもあります。でも痛そうだし、費用もかかるので、ほとんど行われませんでした。

永久脱毛を東京で探しているなら多少日焼けした肌でも対応できる機器を使用しているおすすめのクリニックがあります。

You may also like...