美容整形ならタトゥーも消せる、やりかた3つ!

傷跡をできるだけ残したくない場合

除去した後に、傷を残したくないという場合、レーザーによっての治療があります。最先端のレーザーでは、単色のタトゥーだけではなく、フルカラーの場合でも綺麗に跡を消すことができます。「緑」色などの消しにくいとされる色でも消すことが可能です。複数回通うことで、だんだんと柄を消していきます。レーザーによっても消える色と、かかる回数は変わってくるので、自分のタトゥーの状況に合わせて最適なものを選ぶことがポイントです。

広い範囲のタトゥーを除去したい

腕一面や、背中一面といった広範囲にタトゥーを入れてしまった場合、クイックリムーブ法というものがあります。このやり方の場合、肌の表面を削ることによってタトゥーの柄をなくします。広範囲を一気に治療できるところがメリットです。また、特殊な方法を用いて通常の削皮術よりも削る肌の表皮を薄く済ませることができるので、傷の治りが早くなります。できてしまった傷跡も、怪我のように自然な形なのでタトゥーを削ったと人から見てわかりません。

とにかく急いで消してしまいたい

就職活動などで、急いでタトゥーを除去してしまいたいという場合、タトゥーのあった箇所の皮膚を切除する方法があります。傷跡は残りますが、早急にタトゥーをなくすことができます。とにかく早くタトゥーを入れていたことをわからなくしたい場合には適しています。広範囲の場合でも簡単に行うことができます。タトゥーのあった場所の皮膚を切り取った後、縫い合わせてわからなくします。完全に柄の部分を切除するので、薄く跡が残ったりといったことがないのも特徴です。

小陰唇縮小の手術は、成功率が高いことはもちろん、入院期間が短いこともあり、比較的若い年代の女性を中心に希望をする人が増えています。

You may also like...